九州の田舎で体験した感慨深い葬儀と会場で行われた告別式

九州の田舎で体験した感慨深い葬儀と会場で行われた告別式

葬儀とそれに伴う供養

死者に対する葬儀は様々ですが、仏教ではそのしきたりに従って葬儀ののちに49日の法要など多くの供養が行われるのが通例です。
葬儀にしきたりもその家庭によってもまちまちで一様ではありませんが、通例では葬儀の後に49日の法要が行われ、1年後に1周忌、3年後に3年忌、7年後に7回忌、そして13年後に13回忌、17年後に17回忌、23年後に23回忌と行われるのがしきたりです。
法要の内容はその家庭や地方によっても異なりますが、北海道の場合は親類縁者を招き、檀家の僧侶をお願いして檀家のお寺で行います。
一部には家庭で少人数で行うところもあります。
それぞれ1周忌、3回忌、7回忌ごとの読経があげられて、参加者全員が焼香し、その後、用意された料理を全員で食べ、喪主のお礼の言葉で終わることが普通です。

供養はこの他にも春のお彼岸やお盆の法要や秋のお彼岸は毎年の恒例の行事となっています。
さらに家庭によっては毎月の命日、月命日と呼ばれていますが、その都度、僧侶を呼んで月命日の法要をする家庭もありますし、1周忌以降も祥月命日といって故人の死んだ月日と同じ月日に、他の月命日とは別に盛大に法要をする家庭もあります。
それがおおむね23回忌までは続くことになり、供養といってもその準備や費用はかなりの額になるのが普通です。
最近では核家族となっていて、残された遺族も一人だけという家庭もあり、そうした家庭では供養とはいえ法要の準備や費用の負担が困難になり、その多くを省いてしまう家庭もあります。

話題になっている葬儀についての話はユーザーが多いこのサイトが手軽で便利です!!