九州の田舎で体験した感慨深い葬儀と会場で行われた告別式

九州の田舎で体験した感慨深い葬儀と会場で行われた告別式

変化する葬儀や供養のかたち

日本では古くから人がなくなると仏教の形式での葬儀が行われる事が一般的です。
決まった形式で供養がおこなわれる事は、遺族の負担も少なく故人とのお別れを行う場にふさわしいものと言えるでしょう。
このため無宗教の人の多い日本にあっても、葬儀のときだけは仏教の形式となるのではないでしょうか。

反対に、この決まった形式で行われる葬儀ではなく、より故人や遺族の思いが強く反映された形式でとり行われる葬儀も増えてきています。
家族葬や自由葬などと呼ばれるものです。
家族葬はごく小さい規模で身内だけでひっそりと行う葬儀です。
自由葬は宗教も形式も関係なく、まさに自由な形で供養を行うスタイルとなります。
喪服の必要もなければ笑顔で歌ったり踊ったりして故人との別れをするスタイルもあります。
10人いれば10種類のかたちがあり、故人を愛した人たちによるお別れ会といった趣旨になるのです。
セレモニーのあとには火葬、納骨といった従来通りの流れはあるわけですが、このようなスタイルの葬儀も増えてきているのです。
もし自分ならどのような形式の葬儀で見送ってほしいと思うでしょうか。この先、自由葬がもっと一般的なものになれば、特に信仰する宗教がない人なら自由葬を希望するケースが増えていくのではないでしょうか。最近では、自由葬に応じてくれる葬儀屋さんも出てきています。
悲しい瞬間ですが、誰しもいつかは迎えるものとして、供養のかたちも多様化していくことでしょう。

話題になっている葬儀についての話はユーザーが多いこのサイトが手軽で便利です!!